スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
シュツルムディアス製作レポ その2(胴体1)
今回は腰回りを。
シュツルムディアス腹
腹が短く感じたのでウエスト底面にプラ板を貼って1mm延長。

前後に動かすとラインの流れが悪くなるのでポリキャップ自体もその分下げております。

各エッジも取ってしまい、なだらかにしております。

画像ではわかりにくいですがサイドのディテールも変更しております。

フロントアーマーは画像の位置で切断し、3mm延長しました。
シュツルムディアスフロントアーマー

それに伴いサイドアーマーのスソもちょっと延長し、フロントアーマーとの下側のラインの繋がりを調整しました。
シュツルムディアスサイドアーマー

で、そのサイドアーマーなんですが、キットのままだと干渉しちゃっててまったく動かない。
シュツルムディアス腰
ってなワケで画像の青字の部分の干渉部を削って調整を行い、可動範囲UPさせてます。

ついでに黄緑の字の部分を約1mmほど薄く削って腰の回転時に干渉しないようにしています。

サイドアーマーの可動とアーマー下のラインの繋がりはこんな感じ。
シュツルムディアス腰2

腰の捻りはこんな感じ。
シュツルムディアス腰3
スポンサーサイト
2009/06/06 | HGUCシュツルムディアス | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
シュツルムディアス製作レポ その1(足)
眺めてたら弄りたい衝動にかられたのでとりあえず製作に突入してました。

が、次の作例が来たのでしばらくは停止します(^ω^;)

てなわけで進んでる部分を追って紹介していきま~


太腿が太く感じたので接着面で2mmくらい幅詰め。
シュツルムディアス太腿

股関節のポリキャップ周辺を大幅に削って可動範囲UPさせてます。
シュツルムディアス股関節
見えなくなるんでこんな感じに男らしくw

足首が埋まって見えるのでポリキャップを後方に3mmほど位置変更し、足首が前に出てくるようにしました
シュツルムディアス足首

スネ内部にもウェーブのBJ06を強引に内蔵し、イエサブの関節技と組み合わせてダブルボールジョイント化し可動範囲UPさせてます。
シュツルムディアススネ内部

可動範囲はこんな感じ
シュツルムディアス足首可動範囲1
シュツルムディアス足首可動範囲2
2009/06/04 | HGUCシュツルムディアス | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
HGUCシュツルムディアス改造プランメモ
HGUCシュツルムディアスの改造プランメモ...っていうか気になる所

徹底的に設定画と見比べて改造となるとしんどいので出来る限り大改造しなくても良く見えるような改造を検討(^ω^;)

◎後頭部動力パイプ部の形状変更

◎肩アーマー横幅の幅詰め

◎上腕のエッジ取り

◎手首の形状変更(なにか流用パーツないかな...)

◎ウエスト1mm延長

◎フロントアーマー形状変更(少し長く?)

◎サイドアーマー可動範囲UP(干渉部の調整)

◎太腿幅詰め(2mmくらい?)

◎スネ正面装甲のスソの調整

◎足首位置を前方に3mmほど変更&ダブルボールジョイント化

◎クレイバズーカ幅増し&延長

現時点ではこんな感じ?
....っていうかここまでは元となるディアスの問題点かw

あとは前の記事にも書いたバインダー位置の変更っスね。
2009/05/28 | HGUCシュツルムディアス | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
HGUCシュツルムディアスを仮組みしてみた
たまにはちょっと気分転換ってことでHGUCシュツルムディアスを買って来て組んでみたっス。

といっても以前から仮組みしてある赤ディアスにシュツルムのパーツ付けただけですが(汗)

う~ん...バインダーが短いかな~と思いつつ、設定画と見比べてると...

短いというよりかは、取り付け位置が低いんじゃないかと。

バインダー外側の丸と膝の位置関係を見ると良く解るっス。

ってことで、とりあえずこんな感じにバインダー取り付け基部を左右逆にして上に生える感じにしてみると...
シュツルム背中


ん?ジャストな感じ?
シュツルム正面シュツルム背面
う~ん...でもちょっと短いかな?

にしてもこのキット、ディアス本体はちょいと古いので問題有りですが、アムロマーク、カラバ、クワトロ・バジーナといろいろ遊び心のあるシールが付いてて好印象っス。(デカールだったら言う事無しなんスけどねw)
2009/05/05 | HGUCシュツルムディアス | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |