スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
2012年総括
今年もあとわずかですね〜

なんやかんやとありまして、なかなか更新出来てない一年となってしまいまいしたが今後は多少なりとマシになる.......


.....といいなあなどと思っております(^ω^;)

(実際に年末からチョコチョコと模索中だったりしますが、それはまた後のブログネタにでもw)

ってなワケで今年の完成品は

MGガンダムAGE-1ノーマル
HGUCデルタガンダム
RGガンダムmk-2
HGUC Gディフェンサー
HGガンダムAGE-3ノーマル
HGUCユニコーンガンダム(デストロイモード)
HG ガンダムAGE-2アルティメス
RGジャスティスガンダム
HG ガンダムAGE-FX
HGUC ジムスナイパー2(ホワイトディンゴ仕様)
HGUCリゲルグAOZver(HGUCゲルググイェーガー改造)
RGゼータガンダム
HGUCジム(ホワイトディンゴ仕様)
HGUC量産型ガンキャノン(ホワイトディンゴ仕様)

の14個となりました。

では来年もよろしくでアリマス!




スポンサーサイト
2012/12/31 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
電撃ホビーマガジン2013/2月号
現在発売中の電撃ホビーマガジン2013年2月号にHGUCジム&量産型ガンキャノン(ホワイトディンゴ仕様)が掲載されております。

ジム&量産型ガンキャノン(WD仕様)01

HGUCジム&量産型ガンキャノン(ホワイトディンゴ仕様)が魂webにて受注開始ってことで、ジムスナイパ-2に続き今回も担当させていただきました!

久しぶりにジムをいじりましたが、かなり初期のキットなので、昨今のHGUCと比べるとさすがにディテールもパーツ構成もあっさりした印象(^ω^;)

また、ゲーム中のCGやパッケージイラストではMGベースなスタイルなのもあり、胸、肩、ランドセル等をFGガンダムのパーツを使って製作しています。

量産キャノンはキットの出来は(個人的には)なかなかなので細かい部分のブラッシュアップという方向で製作しています。
また、以前に個人的に製作した量産キャノンのパーツを一部流用して製作しております。

「ジム(ホワイトディンゴ仕様)」
ジム(WD仕様)01
◎頭
頬の辺りを削りこんでシャープな顔つきにし、顎、とさか、耳(?)をスジボリをしてハッキリと。

◎胴体
FGガンダムの胴体パーツから胸部分のみ切り出し、内部に市販パーツ等のポリキャップやボールジョイント、プラサポ等を仕込んで製作しています。

首は市販パーツの組み合わせで製作し、肩と首にボールジョイントを仕込み可動改造。

コクピットハッチはパッケージイラストを参考にプラ板で製作。

腰回りのアーマーはCGを参考に形状&ディテール変更。
フロントアーマーを中央で切断しスプリング接続にし、可動の妨げにならないように。

ランドセルもFGガンダムの物をベースにサーベルラックを片側に改造して使用。

◎腕
肩アーマーもFGガンダムから流用。

手首周辺をくり貫き、市販パーツにて手首カバーを製作。

拳一式はHGUCジムカスタムより流用。

◎脚
太ももを1.5mm延長。

足首周辺をくり貫き、金属パーツを使ってシリンダー状のディテールを追加。

◎武器
ビームライフルはブルー3号機、バズーカはHG陸戦型ジム、ビームサーベルはHGUCガンダムの物を流用。

シールドは十字章を削り落としてフラットにした後ディテールを追加。

試作ビームライフルはブルー2号機のをベースにプラ材やガンダムのスコープ等で製作。
試作型ビームライフル(サフ前)
試作型ビームライフル


「量産型ガンキャノン」
量産型ガンキャノン(WD仕様)01
◎頭
ゴーグルはヒートプレスでクリアパーツ化(プレバンのはクリアパーツになってるようですが、作例製作時には間に合わなかったのダ(^ω^;))

ゴーグルの内部にカメラモールドを製作。

後部アンテナは伸ばしランナーにて製作。

◎胴体
肩のキャノン基部をくり貫いてシリンダーを設置し、周辺部もプラ板でディテールUP。
腰回りのアーマーが可動時に干渉するのでスプリング接続に変更し、可動範囲を向上させています。

ランドセルのメインスラスター底面にモールドを追加、各バーニア内部は市販パーツでデコレート。(スネ裏も同様)

各部のブチ穴は開口しています。

◎腕
肩アーマーのブチ穴はCGを参考に、5つから4つに変更。(個人的にココ重要w)

手首周辺をくり貫き、市販パーツにて手首カバーを製作。

拳はマシンガン両手持ちにしたかったのと、ジムより少し大きめにしたかったのでHGUCリゼルC型より流用。

◎脚
太ももを1mm幅増し、1.5mm延長。
膝関節で1mm延長。

足首周辺をくり貫き、金属パーツを使ってシリンダー状のディテールを追加。

足裏のバーニアを市販パーツに変更。

◎武器
ライフルはブルー1号機から2セット流用。

そしてデカールは蝙蝠君にスナ2の時に一緒に用意していてもらっていたものを使用しています。いつもサンキュ!


てなわけで本誌のほうもヨロシクです~(・∀・)






HGUCジムに使用したキット


HGUC量産型ガンキャノンに使用したキット
2012/12/30 | 掲載情報 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
メリクリ
ウス(違)



予約すんの忘れてて半分諦めムードでしたが、運良く店頭分でゲット出来たっス(嬉)

てなわけでメルゥィィィークリスマス♪

初音ミクケーキ
2012/12/25 | 買い物 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
電撃ホビーマガジン2013/1月号
現在発売中の電撃ホビーマガジン2013年1月号にRGゼータガンダムが掲載されております。

RGも気がつけば第10弾!いや〜早いもんですね(^ω^;)

ブツはRG初となる変形モデルのゼータガンダム。

HGUC Zガンダム

RGガンダムマーク2の作例を製作させていただいた時に「次はゼータが良いな〜」と期待していましただけにまさに待望のゼータ!なんていうかもう感無量でアリマス(嬉)

さて、キットの出来ですが流石はRG、1/144にして完全変形を実現しており、そのギミックたるや、さながら箱根細工の様相です(笑)

複雑になりがちな箇所にはアドヴァンスドMSジョイントを巧みに配置し、組み立て行程でのストレスが軽減されており、ガンプラの進化を感じられるオススメなキットであります。

が、しかしそのためにクリアランスがめっちゃタイトなので下手に改造すると変型出来なくなる恐れが出てくるモデラー泣かせな好キットでもあります(苦笑)

てなわけで基本的には全体のエッジの調整や、金型の都合で甘くなってしまう部品の処理をしつつ、塗装するにあたっての塗膜分のクリアランス調整(面出しをしながら一皮剥くイメージ?)をメインに作業を行っていますが、個人的に気になった箇所を変形に支障が出ない範囲でプロポーションの調整(改造)もしています。

特にフライングアーマーとスタビライザーにある固定用ジョイントはかなりガッチリと調整されていますので、塗装をする場合は少し緩めになるように削っておくとよいかと思います。


細かい作業内容は...

◎頭部
面の調整を行い、全体的にシャープな感じに。

バルカンは先端外周を一回り削りこんで段落ちに。

アンテナは削りこんでシャープに。

◎胴体
襟の後半部が途切れた感じがするのでクリアランスギリギリまでプラ板で延長。
その際に強度を確保するため真鍮線で補強。

胸ダクトも面出しをシャープにエッジを立て、突起を無くしてスジ彫りに変更。

肩口の六角のプレートもエッジ立ててシャープに。

フロントアーマーは外周にプラ板を貼り、エッジ処理をしつつ大型化。

◎腕部
肩アーマーが大きく角ばった印象を受けたので、外周部を斜めにカットして小型化かつ印象を変更。

中央ブロック側面の黄色い台形部分はプラストライブで作り直し。

前腕の赤いパーツの面を減らしつつエッジをシャープに。

◎脚部
個人的に太ももが細〜く感じられたので、後部側のパーツ両側面に0.5mmプラ板を貼ってボリュームアップ。


◎背部
スタビライザーにある肉抜き穴はプラ板で埋め。

フライングアーマー裏側のWR時に腰フロントアーマーがはまる部分のエッジを斜めにカットしてフロントアーマーを大型化した分の「逃げ」を確保。

◎武器
ハイパーメガランチャーはHGUCゼータから流用。
RGに合わせるため、少々ディテールを追加。

ウェーブライダー時のマウントはシールドとメガランチャーの両方にネオジム磁石を仕込んで行ってます。

あ、それと手首固定用のピンを強度を考慮し、グリップに穴を開けてプラ板を埋めるように設置。


◎塗装
塗装前に下地としてガイアノーツのマルチプライマーを塗っています。

ポリキャップ等の軟質素材にもそれなりに食い付いてくれるようになるので、RGの作例時には毎回フレームに使用していたりします。


てなわけで本誌のほうもヨロシクです〜(・∀・)


2012/12/23 | 掲載情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |