スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
電撃ホビーマガジン2013年4月号
電撃ホビーマガジン2013年4月号にHGUC MS-06R-1A 黒い三連星ザクが掲載されております。

HGUC MS-06R-1A 黒い三連星ザク正面

待望の06RがいよいよHGUCで発売!

MSV世代の自分はテンション上がりまくります(笑)

キットのほうはHGUCF2ザクのフォーマットで、言わばHGUCザクver2.0といえる構造で、組みやすく可動もいい感じです。

てなわけで基本的にはMGザクVer2.0を参考にディテール等を追加し、機体ナンバーを差し替えられるように一部パーツを複数用意してネオジム磁石による脱着式にしてみました。


◎頭
モノアイレールのパーツを一回り小型化し、市販パーツで基部を製作。
モノアイはHアイズを使用。

後頭部の動力パイプ基部はヘルメット側のを切り離し、下側のパーツに接着し、合わせ目処理しています。

ヘルメット内部にスペーサーを入れて首を長くし、顎が引けるように。

動力パイプはモビルパイプとスプリングに変更。


◎胴体
ナンバリング変更のため、胸左パーツをネオジム磁石脱着式に。

フロントアーマーを左右独立可動式に変更。

股関節基部を2mm下げ、足を少し長く見えるように。


◎腕
MGザク2.0を参考にディテールを追加しつつ後ハメ加工。
肘関節もディテール追加。

手首はポリキャッブを変更し、くり貫いて市販パーツで手首カバーを製作。

シールド内部にネオジム磁石を仕込み、武器ラックをネオジム磁石脱着式に。


◎足
スネ横などの丸をOボルトでディテールアップ。

動力パイプをモビルパイプとスプリングに。

バーニアフィンを薄く削りこみ、バーニアはフチを薄く加工。

膝パットと足の甲を機体ナンバー差し替えのためにネオジム磁石脱着式に。


◎武器
スコープにHアイズを使用。

オマケでキットのバズーカとHGUCドムのジャイアントバズ、プラ板の箱組で
試作型ジャイアントバズを製作してみました。


◎塗装
バックパック、スネ、足裏のバーニアを旧キットのパッケージ風に外側をアイアン、内側を赤にマスキングして塗装しています。



やはりMSV世代としては否応なしに燃えてしまいますね~
このキットをベースにいろいろとMSVネタを作りたいなあと妄想してみたり(笑)

まずはシンマツとジョニーは並べたいッスね~(笑)


てなわけで本誌のほうもヨロシクです~(・∀・)

HGUC MS-06R-1A 黒い三連星ザク背面





スポンサーサイト
2013/03/01 | 掲載情報 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |